【福岡市】で給水水漏れや給水管の破裂はなぜ起こる?おすすめの対処法

水道修理センター
福岡市・福岡市近郊の水回り修理
水道局指定工事店

【福岡市】で給水水漏れや給水管の破裂はなぜ起こる?おすすめの対処法




住宅の水回りトラブルとして多いのが、給水管の破裂などが原因で起こる給水水漏れです。給水水漏れは様々な原因で起こることをご存じでしょうか?

こちらでは、福岡市の住宅で起こる給水管の破裂などの給水水漏れの原因と、役立つおすすめの対処法をについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

住宅で起こる給水水漏れや破損の原因

蛇口から出る水のパネル

よくある水回りのトラブルである給水水漏れは、どのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか。

給水管の老朽化

築年数の古い住宅で起こる給水水漏れは、経年劣化による給水管の老朽化が原因の場合がほとんどです。給水管は永遠に使えるものではなく、経年劣化により10〜15年ほどで寿命を迎えます。

給水管の凍結

冬場に多い給水水漏れの原因が、凍結による給水管の破裂です。寒冷地だけではなく、冬場の寒い日には福岡市など日本全国で起こる可能性があります。

凍結による給水水漏れはマイナス4度以下の気温で起こるといわれており、給水管の中の水が凍って膨張し、給水管が破裂したり接合部を損傷したりすることが原因です。また、風がよく当たる場所や日陰にある給水管では、マイナス2度でも凍結することがあるので注意が必要です。

自然災害による給水管の破損

地震や台風などの自然災害によって、給水管に強い衝撃が加わることで亀裂が入ったり損傷したりし給水水漏れが起こります。地震や台風などの後には、屋外の給水管に異常がないかしっかりと確認しましょう。

福岡市の給水水漏れの修理は、水道修理センターにご依頼ください。

給水管の破裂などによる給水水漏れのおすすめの対処法

外に設置されている蛇口

給水管の破裂などによって給水水漏れが起こった場合、慌てて止水栓を閉めて水を止める方も多いかと思いますが、止水栓を閉めるとトイレやお風呂なども使えなくなってしまいます。

給水水漏れが起こっても必要な水道が使えるよう、おすすめの対処法をご紹介いたします。

給水水漏れをした箇所のみをふさぐ

給水管の破裂している箇所が分かっている場合は、破損している箇所に応急処置をしましょう。まずは、ビニールテープや雑巾などを巻き付け、その上から針金やひもを使ってしっかりと縛ります。

漏れた水が周囲に広がって被害が拡大しないように、漏れ出した水はできるだけ拭き取っておく必要があります。応急処置では給水水漏れを完全に止めることはできないので、早急に修理を依頼しましょう。

凍結による給水水漏れは事前に防ごう

凍結による給水水漏れは、事前に防ぐことができます。給水管の水が氷るほどの寒い日が訪れる前に、給水管に保温材や不要な布を巻き付けておきましょう。また、少量の水を流しておくのもおすすめです。

凍結してしまった場合はお湯で解凍

事前に対応できずに給水管が凍結してしまった場合は、給水管にお湯をかけて解凍します。この時に注意しなければならないのが、熱湯を使用しないこと。

熱湯をかけると熱膨張で給水管が破裂してしまうことがあるので、給水管に雑巾や不要な布を巻き、50度ほどのお湯をゆっくりとかけて解凍しましょう。

福岡市を中心に福岡県や佐賀県・熊本県からのご依頼を承る水道修理センターは、突然の給水水漏れにも24時間対応しております。迅速に対応させていただきますので、水回りのトラブルはお気軽にご相談ください。

福岡市内の水回りトラブルは水道修理センター!作業内容・料金・スタッフ対応・清潔感が評判

福岡市で突然の給水管破裂による給水水漏れでお困りでしたら、24時間365日対応可能な水道修理センターに修理をご依頼ください。

水道修理センターは、修理作業全般はもちろん、作業にお伺いするスタッフの挨拶・身だしなみにも定評があります。出張費・夜間料金・休日料金も不要ですので、安心して水道修理センターに修理をお任せください。

福岡市で給水水漏れにお困りなら水道修理センターへ

会社名 水道修理センター
住所
●福岡営業所
〒816-0932 福岡県大野城市瓦田3丁目8−4
●久留米営業所
〒830-0111 福岡県久留米市三潴町西牟田
●佐賀営業所
〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北
電話番号
営業時間 24時間 365日
URL http://www.suido-sc.com/
ご相談は無料となっております。是非ご利用ください。

PageTop